“好き”を詰め込んだ楽しい我が家 庭にも家にも匠の技が光る

都城市 N様邸

お住まい訪問記|すべて

家づくりを考え始めてから何十軒とモデルハウス巡りをされてきたというNさんご一家。「いい家もあったのですが、これという決め手がなくて。そんな時住まいずのモデルハウスを見る機会があり、家のデザインにも社長さんの人柄にも引かれて決めました。空気感が合うとでも言うのでしょうか。しっくりきたんです。」とご主人。
ご自身の感性がしっかりあり、それを大切にしているNさんご夫婦。“家づくりは楽しんでするもの” ーそう考える住まいずとご夫婦の“好き”を詰め込んだ、理想の住まいができあがりました。

「現場監督さん、コーディネーターさんが私の好みを理解して提案してくださるのが嬉しかったです。細かい設計を決める前に、他のご家族が暮らしている住まいずのお宅を案内してくださいました。実際に暮らしている様子を拝見できたので、イメージが湧きました」と笑顔で話される奥様。
ご家族の集まるリビングは、お二人の感性と住まいずらしい木の柔らかい雰囲気が融合した、スタイリッシュながらも温かみ溢れる空間。黒の有孔ボードがいいアクセントになり、ほっこししすぎないデザインです。

木材をふんだんにつかった内装は飽きのこないデザインで、使い込むほどに味わいがます木の表情が魅力。優しい木の風合いに、黒のインテリアが絶妙にマッチしたこだわりの空間です。

太陽の位置まで計算
心地良く暮らせるパッシブデザイン

枕木を配置したアプローチと白い玄関扉が可愛らしい外観のN邸。太陽の位置を計算して設置した深い軒は、夏の直射日光をしっかり遮り、冬は暖かさを取り込むパッシブデザインです。

「冬の寒い日に帰って来ても、玄関を開けて家の中に入ると家の空気がじんわり暖かくてほっとします」と奥様。夏もひんやり涼しく、クーラー一台で十分足りるのだそう。ストレス無く過ごせる心地よい室内環境が保たれ、家族だんらんの時間がより一層幸せな時間になります。

庭には山里の風景をモチーフに、草木や花、苔、ツタなどで彩り、自然の造形をいかしたデザインになっています。リビングから繋がるデッキスペースから見えるのはジューンベリーの木。夏に実を付けると家族みんなで収穫するというイベントも楽しめるそう。

庭にも暮らしやすさを追求した造りにこだわりました。外からの目線が入る位置には常緑樹を植え、目線を気にせず家の中で過ごせるように。さらに、南に面した場所には落葉樹を配置し冬になると葉が落ちて太陽の光が入るようにと計算し尽くされています。四季の移ろいを感じながらも、プライバシーをしっかりと守る庭の空間演出はまさに匠の技です。
「ここは元々祖父の持ち家で、庭には祖父が選んだ植物や石がありました。それらをうまく生かしながら庭を新しくよみがえらせてくれたようで嬉しいです」とご主人。
広々としたウッドデッキでは、ご飯を食べたりバーベキューをしたりとアウトドア気分を味わえる過ごし方を家族みんなで楽しまれているそう。「夜はごろんと寝転んで星を眺めることもあります」とご主人。家の中だけでなくウッドデッキや庭、その全てがワクワクする場所になっています。

 

陽がたっぷり入る子ども部屋。木の温もりとナチュラルカラーの家具で落ち着いて過ごせる空間です。

玄関はリビングへの窓と扉をガラスにしてあるので開放感があります。靴箱は造作家具。柔らかい質感が明るい玄関とマッチして気持ちの良い空間に。

洗面所の鏡は身長の高いご主人に合わせた特注品。シンプルな木の枠がスタイリッシュです。照明が反射してキラキラ輝く、ちょっと特別感のある雰囲気に。

Family Voice

「庭も内装も、思っていた以上の形で仕上げてくださいました。この家の全てが気に入っています。子ども達が楽しそうに庭を駆け回っている様子を見ると嬉しくなりますね」

ご夫婦の感性がいかされ、どこをとってもお気に入りに溢れた我が家。家族の絶えない笑い声が聞こえてくるN邸でした。