ホームバーにおうちカフェ 夫婦それぞれの夢がつまった理想の住まい

霧島市 H様邸

お住まい訪問記|すべて

Hさん夫婦は、家づくりへの夢をそれぞれ持っていました。バーテンダーの経験があるご主人はホームバー、奥様はおうちカフェと、家で過ごす時間が豊かに楽しくなる住まい。そんなお二人の想いの詰まったH邸は、住まいずらしい上質な木をふんだんに使い、心地よいお家となりました。

バーにカフェ、ウッドデッキでバーベキュー。人が集まり、楽しみを共有できる家

夢の住まい実現には、紆余曲折がありました。本格的なバーのある家はあまり施工事例がなく、なかなか理想を実現してくれる会社には出会えなかったそう。そんな中住まいずに相談しに行ったところ、意欲満々に提案を考えてくれたと言います。「こんなにノリノリで考えてくれたところは初めてでした」とHさん夫婦。住まいずが手掛けたバーカウンターに惹かれたのもきっかけの一つでした。

「人が集まる家にしたかったのでバーにカフェ、バーベキューとみんなで楽しめる時間が増えて嬉しいです。家が楽しくてあまり出掛けなくなりました」と話されるHさん夫婦。ご夫婦の夢を形にするため、住まいずらしく、上質な木をふんだんに使った空間になっています。木の自然な地色や質感を生かし、木の魅力を最大限に引き出しています。床や天井、棚に無垢の杉をふんだんに使ったリビングは、落ち着きと上質感のある空間。床が心地良いので、ご主人は直接座ってリラックスすることも多いのだとか。

ホームバーを造る上でのご主人のリクエストは「一枚板のカウンタ―」。木目の赤と白の色合いが美しいカウンターに仕上がりました。バーテンダーの経験があるご主人が、窓や照明の位置など、細部にまでこだわったムードのある空間。オープン棚に自慢のお酒コレクションが並ぶ空間で、ご主人が奥様や友人に腕を振るいます。

こちらは奥様の夢を詰め込んだカフェスペース。ハンギングチェアーに腰かけて外の景色を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごせます。ナチュラルな木の風合いと白を基調としたインテリアで、柔らかい雰囲気の空間に。ガラス戸でリビングと空間を仕切れるようになっているので、いろいろな使い方が可能です。

庭スペースに繋がるウッドデッキ。家族や友人達と、バーベキューを楽しめます。家の外でも中でも、Hさん夫婦らしい過ごし方を、想いのまま楽しめます。

プライベート空間を集約。暮らしが楽しく、快適になるおうち

H邸は暮らしやすさにもこだわり、ランドリールームとクローゼット、サンルームを一か所にまとめました。洗濯から片付けまで、短い家事動線で対応できるので、日々の暮らしがぐっと快適に。

クローゼットは玄関からすぐ繋がっています。棚の中も上質な木を使っているので、調湿効果もあり、大切な衣類や靴を清潔に保管できます。クローゼットには引き戸がついているので、来客時はさっとプライベート空間を隠せます。

サンルームにはポールハンガーを三本取り付けて、干す手間を最小限に省いています。雨の日でも洗濯物を干しておくスペースを確保することで、部屋の中に生活感が溢れてしまうことを防ぐことができます。

キッチン背面には造作カップボードを備え付けました。ガラスの引き戸でお気に入りのグラスや食器を見せる収納もでき、キッチンに立つのが楽しくなります。

キッチン横のダイニングテーブルも造作。来客時以外は折りたたんでコンパクトに使えます。住まいにぴったり合う家具を造れるのも、住まいずならではです。

バー空間の仕切り戸には、雑誌などを置ける見せる収納スペースを作りました。お気に入りの雑誌や本をインテリアの一部として楽しめます。ここから好きな一冊を好きな場所に持っていき、まったりと読書タイムを過ごしているそう。

家の顔となる玄関前には、シンボルになる植栽を。広々とした駐車スペースと家へ続くアプローチ部分の仕切りのような役割も果たしています。

家の周りはぐるっとウッドフェンスで囲んでいます。バーベキューをしたりと外にいる時間にも、周囲からの視線を気にすることなくのびのび過ごすことができます。砂利を敷き詰めてある落ち着いたデザインで、お手入れもしやすいです。

夫婦の夢をかなえた理想の住まい。窓の外の植栽を眺めながらゆったりとお酒や会話を楽しむ日常は、まさにお二人が想い描いていた暮らしそのもの。自然の木がもたらす上質な空気とお気に入りに溢れた空間で、豊かな日々を過ごすHさん夫婦でした。