和と洋の豊かな融合 薪ストーブと坪庭のある寛ぎの住まい

霧島市 T様&S様邸

お住まい訪問記|すべて

幼い頃から段ボールハウスを作ったり、部屋のデザインをしてみたりと、家づくりに興味があったという施主様。マイホームのイメージはしっかりと頭の中にあったので、それを実現してくれるビルダーを探した結果、住まいずと出会いました。木の住まいはもちろん、住まいずが提案した緑に囲まれた土地が気に入り、お家づくりがスタートしました。

長年思い描いた理想の家をカタチに

希望の間取りを伝え、外観や室内のデザインはお任せ。頭の中にあった自分だけのイメージを具体的に要望として伝え、理想のお家を造っていきました。1つ1つがピースをはめるように不思議とマッチした、まさにイメージ通りの美しく優雅な住まいは、思わずため息がでるほど。

こんな家が欲しかった

①薪ストーブと坪庭のある暮らし

一見雰囲気の違う薪ストーブと坪庭。しかし平屋ならではのゆったり大らかな居住空間で、その2つは不思議とバランス良く存在しています。お家での寛ぎ時間の大半を過ごすLDKに構えた薪ストーブは、まさに住まいのシンボル。薪が燃える様子を見るだけでもリラックスでき、心に安らぎを与えてくれます。

レンガ壁を施し、雰囲気もバッチリ。リビングから土間続きになっているテラスには、目隠しを兼ねた薪棚を設置しました。

薪や木材が美しく整然と並べられていて、それだけでアート作品のよう。テラスは薪仕事だけでなく様々なシーンで活躍してくれます。

屋根裏部屋からの眺め。レンガ壁の薪ストーブとヨーロピアンなラグが、お部屋の雰囲気をより温かみのあるものにしてくれています。

対して、「和」の風情が住まいを格上げしてくれる坪庭は、玄関を開けてすぐ目の前に広がっています。小上がりの和室と浴室、玄関と3方向から坪庭が望め、どの方向からも美しく見えるようにと外との繋がりを意識した間取りになっています。

扉を開けた正面に坪庭があり、明るく奥行きのある玄関。目線が抜けるので、広がりのある開放的な空間になっています。お家全体が木目が美しい自然素材と白のクロスで統一されているので、上品な和の佇まいとマッチし、シンプルモダンな落ち着いた雰囲気です。

坪庭スペースは最小限のシンプルな構成ながら、生活に潤いと安らぎをもたらしてくれます。外からも出入りができるので、こまめな手入れはもちろん、自分たちの好みに合った空間を自由に作ることができます。秋には見事な紅葉を鑑賞でき、家にいながら季節の移ろいを感じられます。

②仕事と趣味のスペースを兼ねた屋根裏部屋

平屋の勾配天井を活かした部分に屋根裏部屋を設けました。仕事の時はもちろん、趣味に没頭したい時にもピッタリの集中しやすい空間づくりを意識。のんびり過ごすLDKと、オンオフの切り替えがしやすいのも嬉しいポイントです。

外の景色が見えるようにデスクを配置させたことで、作業効率も上がり、気分転換にもなります。リビング側にも窓を設けたので、風が気持ちよく通り抜ける設計になっています。

屋根裏部屋からはゆったり寛げるLDK、小上がりの和室、坪庭、テラスまで室内全体を見渡せます。お気に入りの空間を眺めながらホッと一息もいいですね。

③四季の移ろいを感じながら自然に寄り添う住まい

住まいずが提案したT&S邸があるこの地は、周りに美しい田園風景が広がるのどかな場所。室内の随所に大きな窓を設け、自然を感じながら日々の暮らしを楽しむことができます。

キッチンから静かで美しい田園風景を望め、窓が外の風景を切り取る額縁のよう。生活感を抑えたシックな室内で、特別感のある贅沢な時間を過ごせます。

キッチン横に設けた和室。ここからも四季折々で変化する自然の風景を楽しめます。秋には稲穂が黄金色に染まり、美しい光景を堪能できます。

周囲ののびやかな自然とも調和した白壁と天然木フェンスのコントラストが美しいシンプルモダンな外観。薪ストーブの煙突も印象的です。

美しい自然素材が住まいを彩る 心を潤す空間

日々の暮らしの中で「こんなシーンがあったらいいな」を実現した、優雅な時間が流れるT&S邸。いるだけで心が潤うのは、木の素材感を活かした自然素材にこだわった住まいだから。美しい木目が家中どこを見渡しても目に入り、それは自然と心と体をリラックスさせてくれます。

フォルムが美しいオーダーのダイニングテーブルが印象的なキッチン。ダークカラーでまとめたスタイリッシュな空間に、美しい木目が際立ちます。

小上がりの和室下は便利な引き出し収納付き。丁寧に施された職人技を感じる滑らかで美しい木の質感は、身体に優しい手触りです。

木目が活かされた木の魅力あふれる玄関。深呼吸すると清々しい空気を実感できます。シンプルながらも、足元や天井に間接照明を配置することで、温もりある空間を演出してくれます。

屋根裏部屋へ続く階段も、木の風合いが美しく、白壁とマッチしています。階段の上には窓を配し、自然の明るさを取り込んでいます。

ゆったりと過ごせる寝室は、優しい色味の素材がリラックス効果を高めてくれます。間接照明や自然の風景を取り込める窓が、落ち着いた雰囲気を演出しています。

寝室のすぐそばにはウォークインクローゼットを設けました。出入りがしやすく、身支度がしやすいつくりです。奥に設けた全身鏡はスライド式になっていて、移動させると自然光を得られる仕組みになっています。

キッチン横のウォークインパントリー。床から天井まで収納することができるので、食料品や日用品のストックに役立っています。ちょっとした書類などを貼っておける壁のスペースも便利です。

洗面脱衣所のミラーは、機能性に優れたスライド式。収納スペースはミラーで隠せるので、散らかりがちな洗面台もすっきりとした空間になります。

お風呂の小窓からはお気に入りの坪庭を眺められるので、ついつい長湯してしまうことも。

小上がりの和室からの坪庭も、また違った表情を見せてくれます。寒い冬はこたつに入りながらの庭鑑賞が幸せな時間です。

シンプルで無駄のない玄関。まるで旅館のような和の趣を感じます。

自然を身近に感じ、毎日を豊かに暮らすエッセンスが随所に散りばめられたT&S邸。「こんな家がいいな」のイメージを具現化したお家は、心も身体も満たす自然素材と美しい四季の風景に囲まれた、優雅な時を過ごせる理想の住まいとなりました。