家づくりにおける消費税増税のタイミングは?

「消費税増税に間に合わせたい!!」

ご存知の方も多いと思いますが、2019年の10月から消費税が8%から10%に引き上げられることが決まっています。
(時期が変更になる可能性もあり)

住宅も消費税が適用されるので、2%も増えます。

じゃあ、どのタイミングで増税が適用されるのか?!

今回の増税に関しては4つのパターンが考えられます。

ポイントになるのは、請負契約を結んだタイミングと引渡しを受ける時期。

1.2019年3月31日までに請負契約を結んで、2019年10月1日以降に引渡しを受ける家 ⇒ 8%のまま

2.2019年3月31日以降に請負契約を結んで、2019年9月30日までに引渡しを受ける家 ⇒ 8%のまま

3.2019年3月31日以降に請負契約を結んで、2019年10月1日以降に引渡しを受ける家 ⇒ 10%適用

4.2019年10月1日以降に請負契約を結ん家                 ⇒ 10%適用

大切なのは、2019年までに請負契約を結べるかどうかという点と契約できなくても引渡しが9月30日までに受けれるかというところ。

前回の5%⇒8%の時にもあったのですが、問題になる可能性があるは2番のパターン。

来年の今頃は、どこの住宅会社さんも契約に向けての準備で大忙し。同時に忙しくなるので、職人不足は材料不足の危険性があります。

それなのに、工期は決まっているわけですから2番のパターンは大変。

ここで問題になるのは、引渡しが10月1日以降になってしまうパターン。

前回5%⇒8%の時も、これが問題になりました。住宅会社は間に合うと言っていたのに、実際は間に合いませんでしたというケースも多々ありました。

消費税増税に巻き込まれたくないのは勿論分かりますが、2番のパターンでいきそうな方は本当に間に合うのかしっかりと確認したほうがいいでしょう。

ということで、消費税を意識される方の参考になれば幸いです!

消費税増税に関するお問い合わせはコチラ

 

住まいずの最新情報、家づくりに役立つ情報をLINEで配信しています。よろしければお友だち追加をお願いします。

友だち追加

FACEBOOKページはコチラ

インスタグラムはコチラ

ページトップへ