スタッフブログ

板壁フェチ。

西 利久 自己紹介

最近涼しくなり、メラメラと暑い夏も一段落ですね。

今年の夏はレモンジーナの焼酎割がマイブームでした。

西です。

あちこち行った先々で、いい表情の板壁を見つけるとつい写真を撮ってしまいます。

これは出雲民藝館のアプローチの板壁。

下の部分が痛んだのか、張り替えられた部分とされていない部分で表情が違っています。

瓦、塗り壁との雰囲気もいいかんじです。

 

島根・石見銀山の古い街並みで見つけた焼き杉の板壁。

巾の少しずつ違う黒い板壁に、茶に塗られた木製窓と庇がアクセントになっています。

 

鳥取県智頭町にある、石谷家住宅の板壁。荒く黒に変色した杉板の表情。

石谷家住宅はこんな部分より、土間の巨大な松の丸太による小屋組み等

見どころがたくさんの邸宅です。

 

どれも1枚1枚表情がちがっていて見ていて飽きません。

また板壁と、ほかの素材との見切りの部分がまた面白かったりします。

自然素材でこそ出てくるあじわいが

どの建物も風景に馴染んでいて心地良かったです。

記事一覧|2015年8月

ページトップへ