スタッフブログ

めっちゃ感動した「レ・ミゼラブル」

杉田 育生 自己紹介

先日、映画レ・ミゼラブルを見にいってきました

ビクトルユーゴーの同名小説をミュージカルとして映画化した作品

ただでさえ泣ける話なのに

それがミュージカル仕立てで観衆にうったえかけてくる

しかも今回のミュージカルの特徴はアフレコではないというところ

実際役者さんが音楽を聴きながら演技をしながら歌っているので、

その歌の感情の込め方が半端ではない

特に圧巻だったのはアンハサウェーの歌う

夢破れて(↓写真)

迫真に迫る演技で見る者の涙を誘っていた。

幼いコゼットを残してなくなってしまう。

主人公のジャンバルジャンを演じるのは

ヒュージャックマン

アクション俳優のイメージばかりだったのでミュージカルでの主役は意外

歌はともかく演技はうまい

コゼット役のアマンダセイフライド(左)

マリウス役のエディーレッドメイン(右)

マリウス役のエディーレッドメインはどこかで見た俳優さんだ

と思っていたらNHKで放送されたBBCのドラマ大聖堂

に出演していた俳優さんだった。

 後歌が上手だったのがサマンサバークス(↑写真)

エボニーヌ役でコゼットに対抗する役だった。

中で歌われていたオーマイオウン

これには感動しました。

後、悲しい物語の中にサシャバロンコーエン

を投入して、コミカルな部分も演出している。

ミュージカルなので、細かく登場人物の感情の動き

を表現していて、秀作に仕上がっていると思う。

公式ホーム

http://www.lesmiserables-movie.jp/

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧|2013年1月

ページトップへ