中村 英明 自己紹介

串木野沖での鯛釣り

最近まだらな白髪頭が気になりはじめている中村です。

このまえ、住まいずのハマちゃん事、阿野さんと
住まいずの棟梁事、下島さんと 左官職人の二木さんとで
串木野沖での鯛釣りに行ってまいりました。

釣り初心者でしかも船釣り等した事がなかった自分。
釣りを楽しむためにも船酔いは避けたかったので

酔い止め薬を少し多めに飲んでいざ乗船。

外海は釣り初心者の自分を歓迎するかのような少ししけ模様の海で

けしておだやかではなかったような気がしました。

酔い止めの薬に感謝しながらいざ鯛釣りスタート。

鯛ラバという釣りかた?でどちらかというと釣り初心者向きみたいです。

少し重たいルアーみたいな物を海底に落として
リールでそのルアーを引き上げる時に鯛が食らいついてくるそうなのですが
その時にタイミングを合わせて釣り竿を持ち上げたりしては基本いけないとの事です。
それでも釣り上手な阿野さんはタイミングを合わせて竿を引き上げて大きな鯛を釣っておりました。

下島さんも超でか目の鯛を数匹吊り上げていました。

二木さんも自分もそこそこの鯛を数匹吊り上げました。

鯛が釣れた時の感触は釣り針に魚がかかったのかな?
と少し疑問に思うような微妙な振動みたいなのが伝わってきた感じです。

かなり大きな鯛は引きが強いようですが。

大海原で揺られながらの釣りは気分転換にもなり楽しいアクティビティーでした。

釣った鯛を食したのですが
釣りたての魚は気のせいかどんな料理でも美味しく食べられますね。
鯛はどこでも美味しく食べられる魚のような気がしました。

見た目ポニョのような鯛を完食そして魚に感謝。

楽しい一日でした。 

1ページ (全43ページ中)