スタッフブログ

外国からお金を送金される時必要な手続きが結構大変だった事について

有村 明子 自己紹介へ
2019/01/24(木) 日々について有村明子

先日、韓国の親戚に

お土産を詰め合わせて送ってあげったんです。

韓国人にあげたら、喜ばれるお菓子!!

そのお礼で、少しのお金を送ってあげたいと

親戚から言われました。(優しい♡)

 

実は私、韓国から送金してもらう事が初めての事で、

単純に、振込み手数料を向こうで払えば、

もう私の通帳に振り込まれると勝手に思ってたんですね。

 

韓国の親戚もきっとそう思ってたと思います。

 

それで、外国からの送金に対して必要な情報が何かを調べてみました。

 

1.ローマ字の日本の 銀行名

       (KAGOSHIMA BANK)

2.ローマ字の 支店名

 (例 HAYATO Branch)

3.口座番号

4.ローマ字の 銀行の住所

     ( 例 ○-○UCHIYAMADA HYATO-CHO KIRISHIMA-City KAGOSHIMA-KEN, JAPAN)

5.  ローマ字の 本人の名前

6.   ローマ字の 本人住所

7.電話番号

8.銀行のスイフトコード

  (このスイフトコードがないと振込みができないようです。)

こんなに、たくさんの情報が必要となります。

 

だけど、ここまでは、インターネットで調べられる範囲だし、

全然手間だと思ってなかったんです。

だって、お金送ってもらえるなら、このぐらいは。。。(笑)

と思えたんですね。

 

でも、お金が送って来てからが問題!!

 

振込んでから時間が経てば、

勝手に通帳に入ってるのを確認すればいいでしょうと思って

待ってたら、

 

銀行からの電話が、、、

「有村さんの方に外国からお金が送金されました。

本人確認が必要なため、

1.マイナンバーカードの通知表

2.運転免許書(身分証)

3.印鑑

の持参の上で、銀行の窓口までお越しください。」

と電話が来たんですよ。(汗)

「えええ? お金を送ってもらうのってこんなに大変なの??」と思いながら

渋々、銀行の窓口に行きました。

 

そしたら、

銀行の方が、いろいろ確認をされて 

(銀行の方は、全然悪くないですよ♡)

本人確認が取れて、

あと質問されたのが、

「有村様の職業はなんですか?

 職務は?

 送金の目的は??」

と、聞かれました。

しかも、受け取る側も、3500円の手数料がかかりました。

(3500円の手数料が引かれての入金になりました。)

 

正直、驚きましたね。。

「なんで、ただ外国からお金を送ってもらうだけで、

こんなに手間がかかるし、

こんな質問を受けないといけないの?

例え、日本国内で親戚に少しのお小遣いを送るのに、

もらう側に、本人確認及び職業・職種・送金される目的とかまで聞くのかな」

といろんな複雑な気もちになりました。

不必要そうな手続きの多さと、質問内容も全然理解できませんでした。

(金額が大きくなかったため、もっと複雑になったかもしれません)

 

でも、もう一つ経験が増えたと思わないとですね。(笑)

 

こういう事があって、久しぶりにブログ書きました。(す。。すみません)

 

皆さんも、もし外国から送金してもらわないといけない事がある場合、

参考にしてくださいね♡

記事一覧

1ページ (全54ページ中)

ページトップへ