スタッフブログ

ジョアン・ジルベルトを聴いて思い出したこと

松尾 大介 自己紹介

ボサノバ好きです。

松尾です。

「ボサノバの父」ジョアン・ジルベルト氏が88歳で逝去されました。

訃報を聞いて曲を聴きなおし、

ささやくような滑らかな歌声と美しいメロディとともに

いろんなことを思い出しました。

僕がボサノバを聴くようになったのは学生時代、

おつきあいしていた女性が聴いていたから。

当時はプログレやテクノに傾倒していて

自分の聴いている音楽が最高で他の音楽は音楽ではないぐらい

偏った考えで10代後半を過ごしていました。

上京して初めておつきあいした女性は

音楽だけではなく様々なことに対して知識が豊富で

いろんなことを教えてくれて、

偏った自分の考えを広げてくれた気がします。

今でもとても感謝しています。

ジョアン・ジルベルトを聴きながら

そんなことを思い出しました。

ご冥福をお祈りいたします。

記事一覧

1ページ (全55ページ中)

ページトップへ