スタッフブログ

有村 明子 自己紹介へ

日本と韓国の上棟式の違いは?

日本と韓国の上棟式の違いを伝えたいヒョンちゃんです♪

 

先日、お客様の上棟お清め式に参加させていただきました。

お清め式とは、

屋根の4隅にお酒とお塩を振って無事上棟した事を「家の神様」に報告くして、これからの工事の安全を祈願する儀式だそうです。

 

でも、ひとつ気になる事がありました。

たしか、お施主様はご夫婦で来られたのですが、

なぜかご主人様お一人で屋根に上ったのでした。

一緒に上ったスタッフも男性スタッフのみ。

 

その理由について以前社長が書いたブログ記事がありましたので、こちらを読んでみてください。

上棟式で、女性が屋根に上がってはいけない理由とは?

(その理由について調べようと検索してみたところ、社長ブログが出てきました(;'∀'))

女の嫉妬は怖いですね (^▽^;)

 

お清め式が終わってからは、上っても良いらしく

奥様も後に屋根に上られまして

今しか見れない屋根の上からの景色を見られたと思いますが、

無事に上られて本当に良かったです!

私は下で見てるだけで足ががくがくしてましたけど( ´∀` )

(本当にお疲れ様でした!)

 

韓国でも日本とはちょっと違う上棟式があるので、少しご紹介しますね。

韓国の上棟式はこんな感じです!

「コササン」という祭壇を準備して、神様に家の棟が上がった事を報告し、これからの安全と家の繁栄を祈願する儀式を行います。

 

ここで、日本とはちょっと違うのがこちら!

これは、なんだと思いますか?

 

はい、豚さんの頭です(;'∀') 見慣れてない日本人にとってはかなり衝撃だと思いますが、、、

韓国の上棟式では大体この豚さんの頭が祭壇に上ります。

 

韓国の「コササン」祭壇に豚さんの頭を使う理由については、色んな諸説がありますが、

私が調べた情報をまとめると

1.韓国のシャマニズム信仰によると、豚は神様と仲のいい存在として、

人々の願いを豚が仲介して神様に届けてくれる。

2.牛より安いし(昔は牛が物凄く高かったみたい)

 豚は子をたくさん産む(多産の象徴)ので、家を建てる一家の繁栄を願う。

3.豚の漢字の韓国発音が「トン」だけど、「トン」は韓国で「お金」を表す。なので、

これから「トン」が益々増えるように。だから豚の耳や口にお金を挟む。

 

という意味があるらしいです。

ちなみに、豚の耳や口に挟んであるお金は、職人さんたちで分けるみたいです( ´∀` )

 

国が違えば、敬う神様も違うし(女性だったり、男性だったり、動物だったり)、儀式のやり方も違いますが、

 

間違いなく、

「家を建てる事」はとても大事な事、大変な事で

工事期間中の安全を神様に祈願して、大工さん達の苦労を慰労して

近所の方達や親戚の方達にも、これからの家づくりを知らせる儀式なのは

日本も韓国も一緒だなと感じました。

 

M様、先日の上棟お清め式、誠におめでとうございます!

 

参考サイト

http://encykorea.aks.ac.kr/Contents/Index?contents_id=E0027057#

記事一覧

1ページ (全43ページ中)

ページトップへ