スタッフブログ

自分を認める力

有村 明子 自己紹介へ
2018/11/28(水) 日々について有村明子

現在小学校3年生の長男の宿題ノートを見てたら、

面白いのを発見しました。

それが、こちら。

【コメ】ナイス このちょうし

【コメ】スゴイね よくがんばった。

 

どう見ても、先生の字ではないな。。。と思って長男に聞いてみました。

「うん、僕が書いたよ! だって本当だもん。先生も書いていいって言ったよ。」

 

うちの長男が通う小学校、そして長男の担任の先生は、

毎日授業が終わる時に、子ども達にその日自分が頑張った事を10個ずつ言わせるらしく。

自分の頑張った事、良いところを認めるように指導してくださるみたいです。

その自分を認める癖?(良い意味の)が、

こうやって、長男が自分の宿題に自分でコメントをして

肯定的なやる気アップにつながっているみたいです。

 

これってすごいと思いませんか?

 

大人になった私は、ついつい自分の悪いところに目が行って、

どうにか、自分の悪いところを直そうとしてるけど、

なかなか直せなくて、自信を失うパタンが多いです。

まず、自分の良いところを認める事ができないと、

本当の意味での自信を無くしがちですよね。

 

こうやって、自分がちゃんとやった事に関して、

自分を認める力って (やってもない事に自信過剰とは違う)

生きてる中でとても大事な事だと思います。

 

うちの長男。。。

実は、足が遅くて、もうすぐある持久走の練習はとても苦手みたいです。

3年生男の子40人のなか、36~37位ぐらい。

でも、本人は

「1年の時はビリだったけど、36位ぐらいになったから、

結構いい感じだよ!!」

と言っています。(汗)

かなり肯定的な考えに、笑ってしまいましたけど、

そう思える長男がうらやましいぐらい、最高だと思いました。(笑)

 見習わないと。。。(笑)

 

きっと、長男の小学校の先生たちの関わりのおかげでしょう。

本当に感謝です。

 

記事一覧

1ページ (全53ページ中)

ページトップへ