有村 明子 自己紹介へ

なぜ、アメリカの事を日本では「米国」、韓国では「美國」と書くの?!

2019/07/22(月) 日々について有村明子

空港でのお別れは、いつも寂しいなぁと感じるヒョンちゃんです。( ;∀;)

 

アメリカに旅立つ主人を空港まで見送りしてきました。

主人が仕事で県外に行く事はしょっちゅうありますが、

今回はいつもとはちょっと違います。

だって海外だし、一週間も会えないんです。

あまりにもの悲しさに6時間しか眠れませんでした。笑

 

主人の旅先は、アメリカのポートランドというところ。

この本を見るかぎり、きっとクリエイティブな人がたくさんいそうな。。。汗

後で、じっくり読んでみたいと思います。

 

さて、アメリカの事を日本では「米国」と表記しますよね。

面白い事に同じアメリカの事を韓国では「美國」と表記しています。

なんでだろう。

アメリカという国に対する世界観が違うのかな?

気になったので、調べてみました。

 

まず、日本の「米国」は、

アメリカの発音から、明治時代の初期は「米利堅」と書いたらしく、

それを略して書くと「米国」となったらしいですね。

 

韓国の「美國」の場合も、

特に、漢字の意味はなく、読み方から作られた言葉で、

中国で使われた「美利堅」から略して書いた「美國」を

そのまま受け入れて使っているという説です。

 

なるほど。

米がたくさんある国とか、美しい国とか、

そんな意味は特になかったようですね。笑

 

とにかく、一週間も主人に会えないのは

とても寂しいですけど、

たくさん美しい(食べ)もの(米)を見て、感じて帰ってきてほしいです。

 

お別れする最後に、涙を拭きながら、

「お腹を壊さないように気をつけてくださいね」と

胃腸薬を渡したのはナイショです。(*`艸´)ウシシシ


もっと詳しく知りたい方におすすめ

豊富な事例写真や住まいずの標準仕様などをセットにしてお届けします!

 

 

1ページ (全43ページ中)