有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

本当に分かりにくい、家の金額 ~本体工事と付帯工事~

2016/06/25(土) 家づくりについて

木の家の価値を伝えたい11.5代目です。

最近、あまりにもふすま食パンにはまってしまい

朝・昼・晩と、まさかの1日オールふすま食パンを達成しました!

という話はどうでもいいですよね。




そんな話はさておき

週末の住宅会社は賑やかです。

お休みの方が多いので、来客が多いんですよね。


そんなお客様に3連続で聞かれた質問があります。
(それぞれ違うお客様です)

それは、家の金額提示をしている時の話。

「その金額には、キッチンとかお風呂も付いているんですか?」

全く同じ質問を、3組の方から頂きました。

連続で聞かれるとちょっとびっくりなんですが

それ以上に、質問の内容に驚きました。


そもそも、家の金額ってすごく分かりにくいんです。

例えばこの家が2000万円としましょう。



普通、この家は2000万円ですって聞いたら

2000万円で建つと思いますよね?!


ところが、そうはいかないんです。

合併浄化槽は別

水道引き込み費は別

消費税は別

照明・カーテンは別

外構工事は別 などなど。


大抵は、こういった感じで

完全にその通りに建てるためには、+αされることが多い。


なぜなら、ここには「本体工事」と呼ばれる考え方があるからなんですね。

簡単に言うと、家という箱だけを作る工事を「本体工事」と言いますが

これだけだとただの箱なんです。

水が出ない、照明がない、水も出ないなどなど。


なので、その他にも必要な本体工事以外の工事を

「付帯工事」といいます。(会社によって呼称の差がアリ)


この二つが揃って、初めて家の金額が分かってくるわけですが

ここで問題が生じます。


会社によって、この本体工事と付帯工事の分け方が違うんです。


A社は、本体工事にキッチンとお風呂やトイレも入っている。

B社は、全く入っていない。


こういう差があるので、冒頭でもお話したとおり

「キッチンやお風呂は金額に入っているんですか?」と言われるわけです。


何でこういう事になるかと言うと、住宅業界的に

金額の表示方法にルールが何もないからなんですね。

ある意味、その会社さん独自のルール次第になるわけです。


ということは、家の金額を比べる時は

しっかりと何から何まで含まれた金額なのかを把握しないと

比べる意味がなくなってしまうということなんですね。


基準となるルールでもあればいいのですが

住宅会社によって家づくりに対する考え方や

家の作り方自体も違うので、ここを統一するのは難しそうですね。


いちおう、坪単価というものがありますが

ここでは長くなるので、気になる方はこちらを読んでみてください~

坪単価は本当にムズカシイ

坪単価のムズカシサ 特別編

11.5代目のFACEBOOKページはコチラから

11.5代目のインスタグラムはコチラ 

1ページ (全442ページ中)