双子社長ブログ

3分間で人生が決まる!! 双子の運命を決めた180秒 後編 エピソード2

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

まだまだ携帯電話が復活しない11.5代目です。

携帯を水没させた影響で、更新がストップしていました。

3分間で人生が決まる!! 双子の運命を決めた180秒 シリーズ。


前編

中編

後編 エピソード1

後編で終わらせる予定が、まとまらない始末。。。


ということで、続きです。


無事に鹿児島へ帰省。

家業である住宅会社での仕事を始めるのですが



ここで、衝撃的な話を聞くことに。


それは、鹿児島に帰ってきて

会社に入社する準備をしている時の話。

家族の会話なのかで、聞いたことのない事実が判明します!


10代目 「有村家は昔から代々、山仕事をしていて君達で11代目になるんだよ。」

11.5代目 「11代も続いてたの?そんなの、初めて聞いた!」

10代目 「次の世代である君たちには、11代目として頑張ってほしい。」

11.5代目 「でも、11代目とは言っても双子だから11代目が2人いることになるよね?!」

全員   「うーーーん。。。。」


巷で言うところの事業継承になるわけなんですけど

中小企業の場合、通常は経営者の子供が後を継ぐパターンが多いと思います。


よくドラマなどでは、権力闘争などで

兄弟間がドロドロした争いを繰り広げたりしますが

双子のパターンって、あんまり聞いたことないですよね。


ようは、社長なのかそうではないのかという立ち位置が難しいわけです。

社長になる方はいいけど、社長にならない方はどういう立場になるのか

そういうところを悩んでいたんです。


導き出した答えは。。。

11.5代目  「11代目が社長をして、僕は0.5足して11.5代目でいいんじゃない?」

全員     「決定!!」


という感じで決まりました(笑)

もうネタかなと思うノリですが

私自身は、家族を助けるという名目で帰ってきていますので

経営者をしようとかそういう考えがそもそもなかったんですね。


まあ実際のところ、奥さんに無理やり説得されて帰ってきている身なので

まだモチベーションが低かったのもあり、あんまり深く考えていなかった影響もあります^^;
(どっちが社長とか、そういうことを考えることが面倒くさかった。)


慣れない業界

慣れない仕事

慣れない環境


さらに、帰鹿してから直ぐに結婚式があったので

ゆっくり考える余裕がなかったんですよね~


ちなみに結婚式ですが、私も双子(一卵性)、妻も双子(二卵生)だったので

立会人はそれぞれの双子の片割れにしてもらいました♪




結婚式も終わり、

いよいよ本格的に仕事を始めるタイミングで両親から言われたアノ話。

この話を聞いて、何の為にこの仕事をするのか気が付きました。


ということで、後編エピソード3で完結予定です!(多分)  続く。。。。


山をそだてている会社の「本物の木の家」
株式会社 住まいず

記事一覧|3分間で人生が決まる!! 双子の運命を決めた180秒 シリーズ

ページトップへ