有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

太陽光は付けるべき?!

2016/02/23(火) 家づくりについて

木の家の価値を伝えたい11.5代目です。

遂に発表になりました。

太陽光買取価格 10kW未満区分2円引き下げ 有識者会議が了承

再生可能エネルギーの買取価格を審議する経済産業省の有識者会議「調達価格等算定委員会」は2月22日、2016年度の10kW未満の太陽光発電の買取価格を今年度から1kWhあたり2円引き下げ、出力制御対応機器設置義務がない場合で31円/kWh、設置義務がある場合は33円/kWhとすることを大筋で了承した。

 10kW以上の太陽光発電は現行の27円/kWhから3円引き下げ24円/kWhとする。

 買い取り期間は家庭用、事業用ともに今年度実績を据え置く。

 風力、中小水力、地熱、バイオマスについては価格、期間ともに据え置く。


年々、買電価格が下がってきていますが

ここでよく言われるのが

「太陽光は付けるべきですか?!」

という質問。


正直、これはその人の考え方次第だと思いますので

絶対こうした方がいい!!ということは言いきれないです。


個人的見解を申し上げますと

付けるなら自分の家の電気代を賄う程度でいいと思います。


一番の問題は、太陽光の売電を当てにして

無理な住宅ローンを組むことだと思うんですね。


太陽光も機械なので、絶対的なものではありません。

もちろんある程度は売電収入を予測できても、それが必ずしも

その予測通りにはならないと思った方が賢明です。


だから、住宅ローンの返済原資に売電収入を考えてる方は

そうでなかった時のリスクを考えておかないといけません。


あくまでご利用は計画的に。


山をそだてている会社の「本物の木の家」
株式会社 住まいず

1ページ (全442ページ中)