有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

本当に分かりにくい、家の金額 ~家の形で金額が変わる~

2016/07/26(火) 家づくりについて

木の家の価値を伝えたい11.5代目です。

串に刺してお肉を焼くって、素敵です。

豪快に肉の塊を焼くのもいいけど、こうやって少しづつ食べるのもイイ!

まあ今日のブログとは全く関係ないですが。。。


(塚ちゃん写真あざーす!)

先日書いたブログ記事。
本当に分かりにくい、家の金額 ~本体工事と付帯工事~

色々と反響をいただきましたが

やっぱり家の金額って、みなさん興味があるんですね~

ということで今回は、同じ坪数でも家の形で金額が変わりますよという内容。


ここに2つの同じ面積の平屋があるとします。(実測ではありません)

一つ目は、正方形で縦・横ともに10mで、面積は100㎡



二つ目は、長方形で、縦が5mで、横が20mの面積は100㎡



同じ面積だから、家の金額も同じだろうと思われますか??

坪単価なんてものがあるから、単純に大きさに金額も比例するんでしょ

みたいな意見がおおいと思います。


ここで問題です。

この同じ家の、外周の長さの合計を比べ見ましょう。


まずは、正方形から。

縦・横ともに10mなわけですから

10+10+10+10=40m


長方形のほうは

20+5+20+5=50m


あれれ??

同じ面積なのに、長さが違う!!

ということは外壁の金額が変わってくるってことなんです。


試しに、外壁の面積を計算してみましょう。(高さ5mとして)

正方形の場合

10×5×4(面)=200㎡

長方形の場合

20×5×2(面)+5×5×2(面)=250㎡


形が違うだけで、50㎡も差が出てくるんです!!

もちろん土地の形状によっては、家の形に制限で出てくるので調整は難しいですが

正方形に近いほうが、家の金額も比較的安くなりやすいということなんです。


一概に、正方形の家がいいとも言えませんが

凹凸が多い奇抜な形にすると、金額は上がる可能性があります。

ということは、単純に面積だけの問題ではないってことなんですよね。


結論から言うと、好みや土地の問題もありますが

シンプルな形が一番いいのではと思いますよ♪

※使う材料や仕上げ方法でも変わってきますので、ご注意ください

1ページ (全446ページ中)