有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

10月度の棟梁会

2015/10/26(月) 家づくりについて

木の家の価値を伝えたい11.5代目です。

月に1回開催される、棟梁さん達を集めた棟梁会。

各現場の進捗報告や、現場の施工方法を確認したりします。




いつもは、建築現場で行うのですが

今回は事務所で、座学を含めたお勉強。




なかなか皆がそろう機会がないので、棟梁会は貴重な場になるんです。



上棟の時は、みんなで集まりますけどね。


家の完成度を左右するのは、大工さんの腕と言っても過言ではありません。
(もちろん他の業者さんも大切ですが)

よりよい現場を作っていくために、お互いの意思疎通が大切なんです。

良いことも悪いことも、みんなで共有です! これポイント♪


腕がいい大工さんと言えども、それぞれに経験してきた内容が違います。

経験が違えば考え方も当然、人それぞれ。

ただ、考えや経験が違ったとしても目標は同じ。

「いい家を建てて、お客様に喜んでもらうこと」


時には、感情的になって意見をぶつけ合ったりと色々あります。

でも、全ては「いい家を建てて、お客様に喜んでもらうこと」を実現するため!




家づくりは、知れば知るほど奥が深い世界。

日々生まれる新しい材料や技術。

この勉強は、終わることないでしょうね~


以上、現場からの報告を終わります♪


山をそだてている会社の「本物の木の家」
株式会社 住まいず

1ページ (全446ページ中)