双子社長ブログ

山の木は切るのは出来ても運ぶのが大変?!~自分の山の木で家を建てる~

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘
2019/04/09(火) 家づくりについて

木の家の価値を、山の木から伝えたい11.5代目です。

今日の現場から。



現場と言っても、工事現場ではなく
こちらは自分の山の木を使って家を建てるお客様の現場です。(山ですが)

山の木を伐採する時のポイントとしては
ただ闇雲に切ればいいというわけではなく、しっかりどう運ぶかを考えて
計画的に切っていく必要があります。



見た目以上に、木って重いんですよね。
なぜか軽いイメージがあるみたいですが、この伐採したての状態ですと
水をたっぷり含んだ含水率の高い状態ですので、すごく重いんです。

これを製材して乾燥するので、少しは軽くなるのですが
とても人力では運べないです。重機などを使って運んでいくわけですが
道路までどう出せばいいのか、そういうルートも考えておかなければいけません。

こういう地道な作業の末、運び出された原木が
製材⇒乾燥⇒プレカット工場という流れを通して各現場に届けられます。

本来の家づくりは、こうやって地元の山の木を切って切り出すところから
始まるものだったのですが、輸送技術の発達で今では県外だけでなく海外からでも
簡単に木材を運ぶことが出来るようになりました。

もちろん、どういう選択が正解か不正解かはありませんが
鹿児島は余っていると言われるくらい、山の木がたくさんあります。

ご先祖様が植えてくれた地元の木を使った家づくりを通して
少しでもその想いに応えられたらなと思った次第でした。


スマホで簡単?!3分で出来る住宅診断テスト


友だち追加
(1対1のトークも出来ます!)

新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

記事一覧

1ページ (全323ページ中)

ページトップへ