有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

自分の山の木で建てる時のポイントは、山から木を運び出せるかどうか?!

2018/08/20(月) 家づくりについて

木の家の価値を、自分の山の木で建てながら伝えたい11.5代目です。

住まいずでは、お客様が山を所有している場合
お客様の山の木を切った家づくりをしています。

山さえ持っていれば何でもいいわけではなく
その山の木が使えるかどうかがポイントになってくるわけです。

そして、たとえ使える木があったとしても
それを切って運び出すルートがなければ、運び出すための道を作る必要性が出てきて
余計な費用がかさんでくるわけなんですね。

その為にも、まずは使えるかどうかのジャッジをするために
山の下見をしています。昨日は、丁度そんな山の下見でした。



暑い中の山歩きは、丁度いいダイエットになるのでうってつけ?!
まずは、山の木の状態を確認します。



写真をみてお気づきでしょうか??
結構木が倒れているのが分かると思います。
これはなぜかというと、台風や共有などの影響なんです。
たくさん倒れているので、なかなか奥に進めません。



樹齢60年以上の木でも倒れてしまうので、自然の驚異は半端ないわけです。
こうなってくると、伐採するのも大変ですが運び出せるのかがポイントになります。
山をさまよっていると、出てきました!!



やっと道らしきところが出てきて、ここからなら安全に運び出せそうです。
道なき道を彷徨いながら、こうして搬出ルートを探しているんですね。

ご先祖様の想いがつまった山の木を
大切に使わせていただきます!!

Uさん、色々とお気遣いありがとうございました^^


友だち追加
(大好評♪LINEで家づくりの相談受付中です)

新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

11.5代目のピンタレストはコチラ

1ページ (全442ページ中)