双子社長ブログ

遂に始まった大河ドラマ西郷どん!やっせんぼーと言えばやっぱりアレを連想する?!

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

木の家の価値を、大河ドラマ見ながら伝えたい11.5代目です。 

いよいよ始まった今年の大河ドラマ「西郷どん」


鹿児島の皆さんは、始まる前からリアルでもネットでも大盛りあがり!!

居酒屋でみんなで見るという方もいれば
仕事を早く切り上げて、BSで待ちきれずに先に見る人もいたり
今まで大河ドラマ見たことない方でも、郷土愛につられて見る方がいたりと
いつもの大河ドラマとは大きく違った盛り上がりを感じます。

篤姫の時も感じましたが、今回の方がより熱い感じ?!

やはり西郷さんを題材にしたドラマなので、県民としても熱の入れようがすごいんでしょうね(^^

私も鹿児島県民として、知っている地名や風景が出てきたり、鹿児島弁が聞こえてくるたびに何故か無性に興奮してました(笑)やっぱり親近感が湧くんですよね~。 

特に最後の城山からの風景がもうぐっときましたよ。
この城山という土地が、西郷さんの最期の場所になるのを知っているだけに切なくなって
11.5粒ほど涙がちょちょぎれました(泣)

それだけ感情移入してしまうのは、やっぱり地元のドラマだからなんでしょうねー

今回の大河ドラマは、録画してでも絶対に見逃さないと決意した初回放送でした。

ちなみに、初回タイトルであるやっせんぼーを見て、この人が頭に浮かんだのは私だけではないはず?!



NHKの公式HPに第1話の舞台ウラの話も載っているので
放送を見終わった後に見てみると、また面白いですよ^^

友だち追加

新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

記事一覧

1ページ (全289ページ中)

ページトップへ