双子社長ブログ

カレーはコミュニケーションツール?!いつもと違うカレーを食べながら

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘
2019/12/02(月) 食べ物ネタ

木の家の価値を、カレー食べながら伝えたい11.5代目です。

住まいずには、日夜色々な相談が来ます。
時には家づくり以外の相談が来るわけです。
むしろ、家づくり以外の相談のほうが多いような気が?!

よく言われるのは、霧島市にはうどんとカレーの専門店が
あまりないからどうにかして欲しいという相談。

間違いなく住宅会社に相談する内容ではないのですが
住宅会社とあまり思ってもらえていない証拠なのかなと思います(笑)

そういう理由で、昨日は神宮モデルハウスにてこんなことをしていました。

何やら不思議な車が停まっていますが
実はこれ、カレー屋さんなんです!!

クラウドファンディンをしながらカレーで日本縦断している
カレーコミュニケーションのお二人が切り盛りしている移動販売。

愛知県は豊橋市からわざわざ来られたということで
モデルハウスで一日だけのカレーを出してもらったんです。

うずらの卵とカレーの相性が抜群で、大盛にすればよかったという
反省の声を各方面からいただきました(笑) 私も同感です!

面白いのは、初対面の方が結構来られたのですがカレーを通して
お客さん同士が仲良くなったり、カレコミュのお二人と盛り上がりと
何とも不思議な雰囲気がそこには展開していました。

これがカレーじゃなかったらこういう風にはなっていなかったかもしれません。
それだけこの食べ物には、人と人をつなげる力があるんでしょうね。

今回は鹿児島で終わりみたいなので、まだ行かれていない方は
今週までが鹿児島行脚ですので、ぜひ食べてみてくださいね!

住まいずは、こういう食べ物を通して人をつなげる若者を
心底応援しています!!次はラーメンかな?!(笑)

ちなみに、打ち合わせ中にお子さんからもらった似顔絵に
終始悶絶した一日でございました♪
Kさん、ありがとうございました!!

友だち追加
(1対1のトークも出来ます!)

新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

11.5代目のピンタレストはコチラ

記事一覧

1ページ (全346ページ中)

ページトップへ