双子社長ブログ

明治初期でも西洋料理を食べれた?!西郷どん第40回「波乱の新政府」

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘
2018/10/29(月) 西郷どんネタ

木の家の価値を、西郷どんから伝えたい11.5代目です。

いよいよ本格的な明治編が始まった西郷どん。
西郷さん自体の恰幅がそうさせてるのか、緊張感半端ないですよね。



いよいよクライマックスである西南戦争に向けて
どう収束していくのか、俄然目が離せない展開になりそうな予感。

そんな今回の放送で気になったのは、やっぱりこれ。



そう、食事のシーンですよ食事。
これがまた美味しそうなのは勿論ですが
明治初期に、これだけの西洋料理があったのかという疑問が。



ローストチキンやローストビーフ系のお肉もたんまりで
お米のご飯が全く画面に出てこないという徹底ぶり。

気になって調べてみると、ありましたよ~

明治時代初期の西洋料理がどのように作られていたか、当時のレシピ本を見たい

確かに明治初期でも、西洋料理は作られていたようで
諸外国に追いつくために、そしてなめられないように無理をして洋食を食べた感じですね。
お肉を食べて体を大きくしようとしたという諸説もあったり。



緊張感のある内容だったはずなのに、一番印象の残ったのが
こういう食事のシーンだったというのは、まあ私らしいのかもですが(笑)

次回は、もっと緊張感が漂いそうなので
今回の食事のことを早く忘れて、次回に備えたいと思います♪

コーヒーとたくあんの組み合わせにはビックリしたのはナイショです。


スマホで簡単?!3分で出来る住宅診断テスト


友だち追加
(1対1のトークも出来ます!)

新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

記事一覧

1ページ (全307ページ中)

ページトップへ