有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

ご先祖様の山の木を子や孫の世代に使って欲しいという親の想いは時代を超える

2022/05/11(水) 家づくりについて

木の家の価値を、自分の山の木から伝えたい11.5代目です。

この日は、お客様の山の下見へ。

住宅会社が何でお客様の山に行くのかですって?!
詳しくはこちらをどうぞ

自分の山の木で家を建てる

というわけで、山の木が使えるかどうか
いつも事前に下見をさせて頂いているんですね。

山の木があるからと言って、100%使えるわけではないので
木を運び出せる動線はどうなのか、木の状態はどうなのかなど
色々と下見で分かることがたーっくさんあるんですね。

ただ今回は、また状況が違いました。
なぜかと言うと、子や孫の世代に使って欲しいからということで
何十年と山の手入れをされてきていたんです。

自分で使うためではなく、後から続く世代のために
ずっとその山は守られ育てられていたんです。

親から子へ、子から孫へ。
子供に何かしてあげたいという気持ちは
いつの時代も変わらないものです。

山を守ってきた親御さんのお話は
思わず胸が熱くなるものがありました。

それに応えようとされる子世代も
また孫世代にその想いを伝えたいとのこと。

家づくりは絆づくり。

そんなお手伝いを出来ることが
仕事冥利に尽きるな~と思った次第でした!


友だち追加
(大好評♪LINEで家づくりの相談受付中です)

新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

11.5代目のピンタレストはコチラ

1ページ (全4ページ中)