双子社長ブログ

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

鹿の被害に遭った木は伐採するべきかどうするか?!~自分の山の木で家を建てる~

2021/02/28(日) 家づくりについて

木の家の価値を、自分の山から伝えたい11.5代目です。

この日は、山の下見へGOGO!!

その道中で、こんな風景が見えてきました。

これは何のためにこういうのがされているかと言うと・・・

ジビエ  鹿さん対策なんですね。
鹿だけではないのですが、こういった動物の被害を
山の木は受けてしまうんです。

例えばこんな感じ

分かりますでしょうか?
木の皮を鹿が食べたりめくったりしているんです。
このまま放置するとこの木は腐れていってしまいます。

こんな感じでいたるところに被害が見受けられます。
中にはこんな感じで鹿道と呼ばれる道も作るくらい。

一番の問題は、杉などの苗木を食べてしまうところ。
折角植林をしても全部食べられてしまうので
山林業の人たちの頭を悩ませています。

冗談に聞こえるかもしれませんが
生態系のバランス的に、ジビエとして
人間が食べるというのもアリだと思うんですよね。

ただ家づくりに関して言うと、鹿害があるからと言って
その木を伐らないというのはもったいないので
使えるところだけでも使おうという感じになります。

鹿害に関わらず獣害は山関係の人たちには
ついて回る問題なので、やっぱりジビエ料理を・・・

と思ったのはナイショです。

記事一覧|2021年2月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ