双子社長ブログ

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

育ててくれた先祖の想いを相続する!~自分の山の木で家を建てる~

2021/01/10(日) 家づくりについて

木の家の価値を、自分の山の木を使って建てたい11.5代目です。

今日の現場はこちらから

当たり一面が銀世界。
ここが鹿児島なのか信じられないですが、雪が降るとテンションが上がるのは
たまにしか見れないからでしょうか?!

というわけで、黄色いジャンバーの裏に書いてあるのは
自分の山の木で家を建てませんか?という文言。

そうなんです。
この日は自分の山の木で家を建てられるお客様の山へきました。

何だか幻想的な雰囲気でとっても素敵♪

さて、この自分の山の木で家を建てる件なのですが
建てたくても断られることが多いみたいです。そして、こんな理由を言われるもよう

・高くなるから止めたほうがいい
・どんな木が植えてあるか分からないからリスクがある
・乾燥に時間がかかるから工期が伸びる  などなど

まあ、普通はそうなりますよね。
だってそもそも自分の山の木で家を建てるなんてことを
やったことのない会社さんが大多数でしょうから。。。

じゃあ、住まいずは何でそんなことをやっているかですって?!

やはりそこには、植えた人の想いを次の世代に伝えたいという考えがあるから。
(ちなみに住まいずの場合は今までのノウハウがあるので、上記のような理由は問題なしです)

この日に行ったのはそんな山の神様に対して
木を伐る報告をする伐採式という儀式。

ただ伐採するのではなく、お祓いをして清めて伐っていきます。

伐採シーンはこちらから
https://www.instagram.com/tv/CJ2L_1MFidP/?utm_source=ig_web_copy_link

その昔、木はとても高価なもので江戸時代などは位が上の人しか
家の材料に使えなかったそうです。戦後も木は高い金額で取引されていました。

それが輸送技術の発達と、外材の流入により木の値段は下降していき
全盛期の5分の1~6分の1までになってしまいました。
木に価値があった時は、山を財産としてもつ人が多くよく売れたそうです。

でも、山を買った人も育てた人も想いは同じなんですよね。
それは子や孫の世代の人に使って欲しいという気持ち。

山の木は植えたら30年以上は家の材料としてはなかなか使いにくいです。
植えた人の代で、植家の材料として使えるかと言うと難しいのが現状。

今回伐採させていただいた木も、年輪を数えると70歳以上だったことが分かりました。
植えた方のことを考えると、70年と言う時を超えて子孫が使うタイミングが来るわけですから
ちょっと感慨深いものがありますよね。

こういう想いがこもった木ですから、同じ家でも何だか守られているような気がするんです。
実際私自身も9代目の山の木を使って建てさせていただいているので、何かあるたびに
我が家の柱などを眺めながら、祖父のことを思い出したりしています。

こちらは、木を使う側から育ててくれた方に対しての感謝状。
こういう感謝の輪を広げて、少しでも家づくり=絆づくりが出来るよに
これからも精進したいと改めて思った次第です!

Kさん、今日は色々とお気遣いありがとうございました^^

ぜんざい最高すぎてて震えましたよ♪

というわけで、自分の山の木で家を建てることに興味がある方は
気軽にご相談くださいね^^

友だち追加
(1対1のトークも出来ます!)

新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

11.5代目のピンタレストはコチラ

記事一覧|2021年1月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ