双子社長ブログ

建築士が定期講習を受ける理由をご存知ですか??

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘
2017/08/31(木) 家づくりについて

木の家の価値を、定期講習受けながら伝えたい11.5代目です。

一応、建築士な11.5代目ですが先日
建築士の定期講習に行ってきました!



朝から晩まで講義を聞いて、最後にテストを受けて終了。



そんなことをFacebookに投稿したところ、何人かの方に
「なぜ建築士は定期講習を受けないといけないのか?」という感じの質問が来ましたので
知っている範囲でお答えしたいと思います。

平成20年に施行された改正建築士法という法律で、建築士事務所に所属する建築士は
原則3年以内ごとに定期講習を受ける必要があるとされています。

ようは、それ以前は無かったというのがポイント♪

この背景には、こういう事件がありました。

構造計算書偽造問題(wikipediaより)

とある建築士が構造計算書を偽造していたという問題。

これは当時、連日連夜メディアで議論されまして
当時学生だった私もよ~く覚えている事件です。

この事件の影響で、建築建設業界に対する不信感が増大し
建築士に対する教育が必要となったのが背景みたいです。

建築はお客様や利用者の命に関わる仕事なので
厳しくなるのは当然と言えば当然なんですよね。

さらに、建築基準法自体もよく変わるので
絶えず新しい情報にアップデートしていかないと
時代の波に取り残されるってこともあります。

内容は本当に硬い真面目な内容ですが
受験当時は分からなかったことでも、今聞くことでより理解を深められることもあるので
これはこれで有りがたい機会なのかなと思ったり。

まあ、お昼ご飯が楽しみという裏事情があるのはナイショですが(笑)


(田中カレーのナスメンチカツカレー)

受けるのはいいのですが、最後の試験が問題。
これに合格しなければ、また受け直しになってしまいます。

どうか無事に合格していますように・・・・(切実)

 友だち追加


新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

 

記事一覧|2017年8月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ