双子社長ブログ

坪単価のムズカシサ 特別編

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘
2015/11/30(月) 家づくりについて

木の家の価値を伝えたい11.5代目です。

坪単価 番外編

先日、家の坪単価に関するブログを書きました。

その後に、ちょっと質問をいただきましたので書いてみます。


【質問】

建築会社によって、どうして坪単価が違うんですか??


家を建てる会社はたくさんありますが、それぞれの会社によって

家づくりに対する考え方が違います。


どこにこだわっているのか?

材料なのか? デザインなのか?


これは千差万別で、いろいろな考え方がありますので

どれが正解というのはないかと思います。


ただ、金額を比べるうえで大切なことがあります。

それは、ただ単に坪単価だけの比較だけではなく

どういう材料、素材を使ってその金額なのかというところが重要です。


例えば、同じ30坪の2つの家AとBがあったとしましょう。

Aは 坪単価 50万円×30坪=1500万円

断熱材:グラスウール  床:カラーフローリング  窓ガラス:シングルガラス

Bは 坪単価 55万円×30坪=1650万円 

断熱材:発泡ウレタン系 床:無垢材 木の床    窓ガラス:ペアガラス


使っている材料が違うので、同じ坪数でも金額が違って当然なんです。

でも、これを坪単価だけ聞いてしまうと単純にAのほうが安く建てられるということになります。


もちろん安いに越したことはないですが、作るお施主さんも

何にこだわるかで使う材料が変わってくると思うんですね。


家の金額を比べる時は、金額だけじゃなくて

どういう材料を使っていますか?と聞いてみるのもポイントですよ♪



山をそだてている会社の「本物の木の家」
株式会社 住まいず

記事一覧|2015年11月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ