双子社長ブログ

心臓移植のひなた君、経過おおむね順調

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘
2014/08/09(土) 時事ネタ

晴れたのにびっくりな11.5代目です。

去年から話題になっていた、心臓移植のひなた君ですが

無事手術も終わって、退院したそうです^^

霧島市溝辺の陵南小学校2年、水流添日向(ひなた)君(7)が、
米カリフォルニア州ロマリンダ大学病院で心臓移植手術を受けて1カ月が経過した。
おおむね順調な経過で、7月末に退院。母二三代さん(43)と暮らす病院近くの宿泊施設で、療養している。
日向君は、重い心臓病「拘束型心筋症」を患い、7月8日(日本時間9日)に約5時間の移植手術を受けた。
PTAを中心につくる支援団体「つるぞえひなた君を救う会」によると、日向君は術後2日目には歩き始めた。
」感染症の治療を受けているが、大きな拒絶反応もなく28日に退院した。




早く元気になって、鹿児島に帰ってきてほしいですね♪

自分の子供が同じ病気になったらどうなるんだろうと、色々と考えさせられましたが

人の善意の輪で治療も受けれるようになるわけですから、助け合いの精神に感動です!


山をそだてている会社の「本物の木の家」
株式会社 住まいず

記事一覧|2014年8月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ