双子社長ブログ

地鎮祭に鯛が二匹も捧げてある?!色々な意味でおめでたい日

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘
2019/10/27(日) 家づくりについて

木の家の価値を、地鎮祭から伝えたい11.5代目です。

先日は、国分で地鎮祭に参加してきました。



地鎮祭って面白いもので、宮司さんによってスタイルが結構変わるんです。
式の流れ自体は大まかには変わらないのですが、やっぱりその人その人のマイルールがあります。

今回初めての経験したのがこちら。



そうなんです。
地鎮祭用の尾頭付きの鯛が2匹いました。
それもメスとオスで対になるようにそろえるんだそうです。

これだけの鯛が祭壇に祭られると俄然雰囲気が変わります。

祭壇の組み立て方もある程度ルールは決まっているようですが
細かいところで結構変わってきます。これは何回も出たことある人しか分からないところなので
気になった方は私にこそっと連絡ください(笑)

普段はなかなかこういうことをすることのない設計のピーチ姫も
さぞかし緊張したことでしょう♪これもいい経験ですね?!

どれが一番正しいやり方などはないですし、一番大事なのは
スタイルよりも土地の神様に捧げる心だと思っています。

Kさん、地鎮祭おめでとうございました!!

友だち追加
(1対1のトークも出来ます!)

新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

11.5代目のピンタレストはコチラ

記事一覧

1ページ (全344ページ中)

ページトップへ