双子社長ブログ

建築中に年をまたぐのは縁起が悪い?!どこまで信じるかはあなた次第!!

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘
2017/12/28(木) 家づくりについて

木の家の価値を、年末年始でも伝えたい11.5代目です。

今年も残るところ、あと3日。

この時期になると、住宅業界的にはよくこんな質問が来るんです。

「建築中に年をまたぐのは縁起が悪いと聞きましたが、本当ですか?!」

ようするに、完成が年内で終わらず年を越えてしまうと
縁起が悪いという話があるけど、どうなんだろう?!というお話。

これは地域によって結構差があるようでして、
とある地域だとこんな場合もあります。

正五九月に引っ越しは縁起が悪い。
引き渡し後は年長者が一番先に新築のお風呂を使わないといけない。
引っ越し前は、酒塩米でお清めしないといけない。  などなど。

家って縁起物なので、色々と迷信みたいなものがあるんですよね~。
その中でもよく言われるのが、この年をまたぐ件について。
こういうのは、どこまで気にするかなので何とも言えないところです。

ただ、どうしても気になる方はあまりオススメしませんが
こんな方法をお伝えしています。それは・・・?!

年内に引渡し前のお家に1泊するか、靴や服などの身に着けるものを
家の中に置いて代わりに年越ししてもらうという方法。
これで、年をまたいだことにならないと言われています。

もちろんこういうお話は、言い伝えレベルなので
どこまで信じるかはあなた次第?!



友だち追加

新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

記事一覧

1ページ (全280ページ中)

ページトップへ