双子社長ブログ

毎年この時期に悩む子供の誕生日~1日違いの対処法~

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘
2019/08/01(木) 家族ネタ

木の家の価値を誕生日から伝えたい11.5代目です。

毎年この時期になると、色々とソワソワしてしまいます。
なぜならば、こちらの二人。



左の3男が7月28日うまれ、次男は7月27日うまれ。
そうです。わずか1日違いで誕生日が来てしまうんですよね。

1年に1回のお祝いの日、二人とも祝ってほしいに決まっています。
でも親としては、どちらかにまとめたいところ(笑)
去年はまとめてしまったので、今年はしっかり2回することに。



まずは次男のための誕生日ケーキでお祝い。
これにはしっかりご満足いただけました(笑)

そして、次の日にもう1個のケーキでお祝い。



何回でも誕生日は祝ってもらっても嬉しいようですが
しっかり誰が中心人物なのか、そこははっきりとさせたいところ。



最後には争奪戦で、11.5秒ほどで瞬殺されてしまうので
お祝いどころではなくなってしまうのが悩みどころ^^;

同じ日だったらよかったのにと思う時もありますが
違うからこそ、二人を主人公にしてお祝いできるので
これはこれでありだったのかもしれません。

私の周りにはお子さんが1日違いの誕生日という方が結構いらっしゃいますが
1日にまとめたり、それぞれ祝ったり色々なパターンがあるようです。

当分は、しっかり別々に開催することにします!


スマホで簡単?!3分で出来る住宅診断テスト


友だち追加
(1対1のトークも出来ます!)

新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

記事一覧

1ページ (全335ページ中)

ページトップへ