双子社長ブログ

初めての終活は、国際結婚にピッタリだった!

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘
2016/05/11(水) 日々について

木の家の価値を伝えたい11.5代目です。

みなさん、終活って聞いたことありますか??

就活ではありません。


終活とは・・・

「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」
(終活カウンセラー協会より抜粋)

ということなんです。

ここ数年でニュースでもよく聞くようになった単語です。


特に自然災害が発生すると、自然とこういう単語を聞く気がしますね。

今回、この終活の中でも【エンディングノート】というものを学ぶために

妻のリクエストで、終活カウンセラーとして活動されている櫻木さんに講習をお願いしました!



エンディングノートとは、

自分にもしものことがあった時の為に、伝えておきたいことをまとめておくノートのことです。



例えば、骨はどこに埋めて欲しいとか

お葬式はどういった感じにして欲しいとか

遺影の写真はどうする?などなど。


普段、夫婦でそんな会話をすることがないので

とっても不思議な感じがします。


特に我が家は、国際結婚家庭なので

どっちでお葬式をするとか、お墓はどうするかなど

事前に聞くことができてとーっても良かったと思います。


こういう話はしにくいのですが、エンディングノートを使う事で

会話のきっかけが出来ましたね^^


最近は、地震などの自然災害が多いので

自分の命に対して色々と考える機会が増えました。


自分にもしもの事があったらどうするのか。

残された家族の為に、今何か出来ることはあるのか?!


エンディングノートで面白いのは、自分の今までの人生を書き込む欄があること。

残された人たちに、どういう人生を歩んできたのか

どういったエピソードがあったのかなどを伝えることができます。


書いていくと、夫婦でもお互い知らないことが出てくるんですよね~

小さいころの思い出とか、学生時代のエピソードなどなど。

国際結婚だと、国や環境が違うので相手の昔のエピソードが面白いです^^


年を取ってからとかではなく、元気なうちにこういう話をするのは

お互いのことを知れてとっても有意義ですね。

国際結婚の方には特にオススメですよ!!!


櫻木さん、ありあとうございました!



11.5代目のFACEBOOKページはコチラから

11.5代目のインスタグラムはコチラ 

記事一覧

1ページ (全344ページ中)

ページトップへ