有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

歴史を刻んだ機械とのお別れ

2016/06/13(月) 日々について

木の家の価値を伝えたい11.5代目です。


住まいずの加工工場である、アリムラウッドワーク。



祖父である9代目が作った会社です。


そんな工場も、昨年の大型台風で

かなりの被害を受けました。




現在、改修工事の真っ最中。




そんな中、ある機械とのお別れがありました。



昭和35年ごろに購入した製材するための機械。

祖父母が大変だった時期に、木の製材精度を上げるために購入した機械です。


私も、小さいころから工場でこの機会が

木を製材しているのを見ていました。


9代目、10代、11代目と

3世代がお世話になった機械。


老朽化が進み、工場の改修工事に合わせて

置き場所もなくなったので、今回処分することに。。。


でも、思い出がいっぱい詰まった機械なんです。

だからただ捨てることができなくて、せめてものお別れの意味で

お祓いをしてあげました。



この機械があったお陰で、有村家も食べさせてもらいました。

木の品評会でも表彰状をもらいました。


ただの機械かもしれませんが

木を刻むだけでなく、工場の歴史も刻んでくれました。


今は、ありがとう!!という気持ちだけですね。

11.5代目のFACEBOOKページはコチラから

11.5代目のインスタグラムはコチラ 

1ページ (全445ページ中)