有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

住宅ローンは落ちてからが勝負!!

2016/08/26(金) 家づくりについて

木の家の価値を伝えたい11.5代目です。



遂に、3男坊の12.7代目が歩き始めました。

こういう場面を見るのは3回目ですが、何度見ても嬉しいもんですね♪


そんな話は置いといて、先日事務所に相談に来られたかのお話をしたいと思います。

相談内容としては、「住宅ローン」について。

既に、とある金融機関に行って仮審査までされた状態でした。


色々とお話を聞くと。。。。。

「仮審査に落ちてしまって、どうしていいか分からなくなったんです。。。」


住宅ローンを利用したことない方は分からないかも知れませんが

ローン審査って、意外と落ちることがあるんです。

主に落ちる要因としては以下の感じ。


・過去5年間に、カードの残高不足などが2回以上あった方

・健康状態に問題のある方


他にも細かくありますが、主な理由は上記のような感じでしょうか。

今回の相談者は、カードの使い方が間違っていたパターン。


知り合いのお願いで作ったクレジットカード(普段は使わない)を使って

引き落とし口座にお金を入れるのを忘れていたそうなんです。


これって結構、鉄板ネタです。

人間ですから忘れることもありますよね。

特に女性が結婚した直後などは名字が変わって

通帳の変更届などしてないとすっかり忘れてしまいます。


これが何回かあったようで、ローンがダメだったという感じです。

この方には2つの救済処置があります。(他にもありますが今回は2つ)


①期間を置く

残高不足などは個人信用情報に傷が付いている状態なので

それをした日から5年間何もなければ大丈夫になります。

勿論待てないよ~という方もいらっしゃるので、そんな方は2番。


②当時の資料を揃える

これ結構ポイントなのですが、残高不足が発生した当時

本当にお金がなくてだめだったのか、純粋に忘れていたからなのかという証明をしたいわけです。


もし、本当に手元にお金がなかった場合は難しいですが

他の通帳にはある程度お金が入っていたのであれば話は別です。


しっかりと当時の通帳や保険積立の証券などがあれば

金融機関もしっかりと審査してくれます。

だって、金融機関も住宅ローンを貸したいんですから。

少しでも前向きな情報が欲しいんですよね。

この情報があるだけで、結構受かることがあります。


でも、何も知識や情報もなくいきなり金融機関に行くと

どうしていいか分からないものですもんね。


なので本日お伝えしたい大事なことは2つ

1.仮審査が落ちたからといって慌てず、なぜ落ちたかを分析する

2.今からでも通帳の保管をしっかりしておく(有事に備えて)


ということで、お金の使い方は気をつけましょうね~

ちなみに、このお客様は無事に通りましたよ!!

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

1ページ (全442ページ中)