有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

年輪の刻まれた数だけ歴史がある山の木

2016/01/23(土) 家づくりについて

木の家の価値を伝えたい11.5代目です。

今年初の伐採式。

伐採式とは、自分の山の木を使って建てるお客様が

山の木を使う前に、山の神様に感謝して象徴的に木を1本伐る儀式。



式の場面では、家を建てる方が

山を育てた方に感謝状を贈る場面があります。



今回の場合、山に木を植えて育てたおじい様は既に亡くなられていたのですが

その山をずっと守ってきたご両親に感謝状を渡して頂きました。


建てる立場としては、大好きなおじいちゃんが植えて育ててくれた山の木を使えること。

山を守ってきた立場からすると、山の木を家に使ってもらえること。


それぞれの想いが溢れて、立ち会った方の目には涙がうっすらと。。。


その昔、山を持つことはステータスであり財産でした。

時代の流れによって、木の価格は下落。

木に値段がつかなくなったので、山の価値も失われていきます。


金額の問題があったとしても、そもそもご先祖様が育ててきた山は

決してお金や地位の為だけに持ったわけではありません。


子や孫の世代に使ってほしい。

そして、幸せになってほしい。


そんな先代たちの想いが、山には詰まっています。



年輪の刻まれた数だけ歴史がある山の木。


植えた人たちの想いを繋げたいなと

改めて思った伐採式でした。


山をそだてている会社の「本物の木の家」
株式会社 住まいず

1ページ (全446ページ中)