有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

家づくりで、和室に段差は必要?不必要??

2016/07/11(月) 家づくりについて

木の家の価値を伝えたい11.5代目です。

今日は和室のお話。



昔の家づくりは、田の字型の家で

台所以外は全部和室という感じでした。

最近は、和室は作っても客間として使われる場合が多いですね。


そんな和室を計画する時に、悩む方が多い内容がこれ。

【和室に段差を作るか、作らないか?】

和室に段差を作るとは、こういうことです。



リビングより高くすることで、違った空間の演出をする方法。

メリットとしては。。。

・ソファー替わりに腰掛けることができる。

・段差のところを収納として使える

・プライベート感が増す

こんな感じでしょうか。


デメリットとしては。。。

・段差があるので年をとるとつらい

・子供が落ちる

・リビングとの一体感が出にくい


和室を、リビングの一部として使い方が増えているので

そういう方には段差はむかないでしょうね~。




ただ、段差をつけるといっても

浅く付けるパターンもあるんです。



腰掛けるまではいかないですが

よりプライベートな感じを演出したり

和室だけ天井を少し下げるために使ったりします。


自分自身の家づくりの経験から言うと、段差は作りませんでした。



なぜならば、建てるタイミングで子供が1~2歳くらいだったからです。

ソファーでも落ちて大変だったので、家の中の段差は極力なくしたかったのが理由ですね。


まあ、それも考え方次第なのでどちらでも問題ないんでしょうけど

どっちを選ぶにしろ、メリットデメリットがあることを認識して

選んでいきましょうね~~^^

11.5代目のFACEBOOKページはコチラから

11.5代目のインスタグラムはコチラ 

1ページ (全442ページ中)