有村 康弘 11.5代目 有村 康弘

生まれ~て初めて~ 入ってみた呉服屋さん

2016/01/28(木) 日々について

木の家の価値を伝えたい11.5代目です。

京都番外編ということで、実はラーメン以外にも

ちょこっとよったお店があるんですよ。

それがこちら



大塚飯店呉服店!!


いわゆる、呉服屋さんです。

大塚とついているからには、大塚さんという方が

経営している呉服屋さんなんですね。


そんな大塚さんのブログはこちらから


何でここに呉服屋に行ったのかというと

大塚社長が同じ勉強会の仲間だったということと

自分の価値観を広げるため。


私は基本的に、ほとんど衣類と呼ばれるものに興味がなく

着るもの買うなら、食べ物買ったほうがいいという信条で今まで生きてきました。


でも、衣類がないと生活できないので

ユニクロやGU、しまむらなどはギリギリ行ってます。


そんな中、ほとんど着る機会のない着物を扱う呉服屋さんには

今までの人生の中で、行こうと思ったことすらなかったです。

でも、食わず嫌いな可能性も考慮してとりあえず行ってみることに♪


(大塚社長のブログより)

基本、ユニクロ・GU・しまむらが主な戦場だった11.5代目にとって

こんなおしゃれなお店に入るのは、とーってもハードルが高いです。



もう、お店の前で緊張してしまって

なかなか中に入ることができません。



自分みたいな人間が入ると、場違いになるんじゃないのか?!

そんな思いが11.5秒ほど脳裏によぎります。

でも、ここまで来たわけですから入らないと勿体ない。

「ここは大好きなカレー屋さんだ」と自分に言い聞かせながら入店!



入ってしまえばこっちのもの、我が物顔で店内を物色。

とりあえず、目的だった奥さんへのお土産を店員さんへ相談。



着物屋さんなんですけど、小物系も結構充実してます。

呉服屋さんと言っても、着物を買いに来る人だけでなく

小物だけ買いに来る人も多いとか。


呉服屋さんって、着物しか売っていないイメージがありましたが

こういうのを売ってるなんてちょこっと意外でした。



とりあえず、勧められた布を購入。

とってもあったかそう~♪


家で、試着してみると

と~っても暖かかったです。このターバン?




みなさんも、苦手なお店とかあれば

勇気を振り絞って入ってみてくださーい!

世界が広がりますよ~♪


山をそだてている会社の「本物の木の家」
株式会社 住まいず

1ページ (全445ページ中)