双子社長ブログ

工事過程を楽しみたいならやっぱり建て方は外せない?!家づくりあるある

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘
2018/10/27(土) 家づくりについて

木の家の価値を、建て方から伝えたい11.5代目です。

昨日、一昨日と建て方だったI様邸現場。
建て方とは、土台の据付から柱、梁、棟上げ までの作業工程をいいます。 
※地域によっては建前と言ったりもします



昔は人力で全部材料を持ち上げていたのですが、今はクレーンを使って
材料を持ち上げたり移動させたりします。



先日、打ち合わせの中でこんな意見が。

「工事が始まったら現場に行きたいけど、職人さん達に邪魔に思われるのが心配で・・・」

こういう方、結構いらっしゃいます。むしろ家づくりあるあるかも?!
確かにその気持ちはよく分かるのですが、折角の家づくりが勿体ないと思います。

家が完成したら見えなくなる部分がたっくさんあるのに
それを見ないなんてもったいない!職人さんたちが見えない部分も
どれだけ神経を使って仕上げているのか見るだけでも、家に対する愛着がわくもの。



特にその中でも、この建て方については別格です。
なぜなら、基礎だけの状態から1~2日程度でいきなり建物が立つわけですから
このビフォアアフター感は堪らないですよ~



もちろん、忙しかったり建築地が家から遠かったりと
物理的な問題がある方もいらっしゃいますが、行くタイミングを選べと言われたら
私は間違いなく、この建て方をお勧めします。

家は、完成するまでの過程も全て楽しんでもらいたいので
ぜひ気軽に、足を運んでくださいね^^


スマホで簡単?!3分で出来る住宅診断テスト


友だち追加
(1対1のトークも出来ます!)

新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

記事一覧

1ページ (全307ページ中)

ページトップへ