双子社長ブログ

ドラマの影響で鹿児島弁が聞き取れるように?!西郷どん第33回「糸の誓い」

有村 康弘 11.5代目 有村 康弘
2018/09/04(火) 西郷どんネタ

木の家の価値を、西郷どん見ながら伝えたい11.5代目です。

このところの西郷どんは、どんどん時代背景に沿って
物語が進んでいくので、本当に見逃せないですよね!



今回は、坂本夫妻との掛け合いで土佐弁と鹿児島弁が飛び交って
やっぱり時代劇なんだな~としみじみしているところでした。

放送回数を重ねていくと、出張などで色々な人とお会いするときに
この西郷どんの話題になって、鹿児島弁の話がよく出てきます。

特に、鹿児島弁に馴染みのなかった方々が

「あいがとさげもす!」
「おやっとさ~」
「チェスト!!」

という感じで、鹿児島弁を使って頂けるのは嬉しい限り。

ただ、個人的にはガチの鹿児島弁は
とてもドラマでは流せないな~と思っていました。

流石の全国放送のNHKさんですから、その辺りは分かってらっしゃるんですよね。
地元の人が使う、本当のレベルの鹿児島弁を出したら抗議が殺到することを・・・



エゲレスの方も、恐らく通訳が難しいでしょうね。。。

何でそんなことを思ったかと言うと、とあるニュース動画で
久しぶりにガチな鹿児島弁を聞いたからなんですね。

それはどんな感じかというと、こんな感じ。

https://www.fnn.jp/posts/458KTS
(音声が出るので注意が必要です)

鹿児島弁、最近分かってきた!!という方には特に
騙されたと思って聞いて欲しい。
これが、ある意味ナウい鹿児島弁です(笑)

もちろん、みんなこういう話し方ではないですが
私でも聞き取りにくいレベルなので、鹿児島弁の奥深さを感じる動画でした。

でも、こういう鹿児島弁の話し方を聞くと
ちょっとほっこりする自分がいるのはナイショです♪

友だち追加
(1対1のトークも出来ます!)

新モデルハウス「神宮の家」見学予約

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ

記事一覧

1ページ (全302ページ中)

ページトップへ