ページトップへ

お客様の声

  • お住まい訪問記
  • すべて

万瀬川にたたずむ木の家

南九州市 I様邸

自然素材にこだわった家が、家族の健やかな毎日を守る



柔軟な発想で、暮らしの変化にも対応

取材をしたのは冬本番の1月末。木に包まれたI邸は、暖房を入れなくてもポカポカと暖かく、子どもさんが家中を
元気に走り回っていました。
「家族がのびのび健康に暮らす家」を建てるため、Iさんは人にやさしい自然素材にこだわる「住まいず」に相談。
土地探しから依頼して、広い庭の取れる希望通りの場所を見つけました。



小さくて機能的な家が良い

そんな要望をカタチにしたI邸は、オープンな対面型キッチンで家族とのコミュニケーションもOK。
パントリーとトイレも一直線に繋げて、家事導線がスムーズです。
一方でLDKと回遊性のある広いウッドデッキや、ダイニング部分の吹き抜けを設けることで、開放感あふれる
空間を手に入れました。



両親にゆっくり泊まっていって欲しい

との思いから、和室はあえて2階に設けました。実はここの畳は、移動式なのでいつでも洋室に変えることが可能。
反対に、2階のフリースペースなどへ”和室”を移動することも簡単です。そのほか子供さんが成長して必要になったら
吹き抜け部分をふさいで個室に変えることも出来るのだとか。



大好きなガーデニングやバーベキューなどを楽しみたい

楽しみたいことはたくさんありますが、何よりご夫妻は、新居へ引っ越してから
子供さんの寝る前の咳がなくなったのが嬉しいそうです。