ページトップへ

お客様の声

  • お住まい訪問記
  • すべて

実家の山の木で建てた思い出いっぱいの平屋づくり

姶良市 I様邸

木の温もりと和の安らぎが満ちる平屋
実家の木で思い出いっぱいの家づくり

実家の山の木が住まいに生まれ変わる

木の温もりに満ちたI邸に吹きぬける空気は、まるで木立てを縫う風のよう。広々とした平屋の住まいは、三和土や框(かまち)、障子に畳といった昔ながらの日本家屋らしい素材や作りが醸し出す雰囲気に、心の奥底まで安らぎを覚える。使われている素材の多くが実家の山の木。先祖が育て遺してきたものに支えられ、守られている我が家の居心地は、住む当人たちにとっても格別だろう。


(木肌の美しさも印象的なI邸。床や壁の板は1枚1枚色や模様が揃えられ、全体として洗練された雰囲気になっている)

友人の家の居心地が気に入り紹介してもらった住まいずは、出会ってすぐに意気投合し、即決できるほど相性のいいパートナーだった。実家の木の伐採や運搬、加工や乾燥といった作業を含めても高くつかず、モデルハウス・五季の家で造り手の繊細なこだわりを感じられたことも、信頼を深める要因となった。「結果的に最高でした」ご主人が笑顔でそう言い切るのには、「理想の家」というモノに対する満足感だけではなく、作る過程で得た楽しさと充実感もあったようだ。


(緑豊かな環境にあるI邸。木の温もりに溢れる住まいで、伸び伸びとした暮らしを楽しんでいる)

家づくりの過程にも思い出がいっぱい

というのも、家づくりの感想を訪ねるとご夫婦の口からエピソードが次々に出てくるのだ。例えば地鎮祭や上棟式といった節目の儀式。「家づくりの儀式は結婚式と一緒。自分たちにとっては我が子をお施主様に嫁がせるようなものだから」と、業者も含め家づくりに関わるすべてのスタッフが勢揃いし、心ひとつに祈願したことが印象的だったそう。特に上棟式の日は風雪強い日だったそうだが、悪天候もなんのその。「会長さんのMCも面白くて、すごく楽しかったです。来られなかったご近所さんのところへ、棟上げの餅をわざわざ分けに行って下さったのも有難かった。」とお二人。また、引渡の日をご主人の誕生日に合わせるという粋な計らいもあり、当日は奥様の提案で密かに奥様と住まいずスタッフが連携。完成したばかりの新居をパーティー会場に飾りつけて、ご主人へのサプライズを用意したそう。ご主人はもちろん、ご家族にとってもいちばんの思い出になったようだ。


(収納力抜群のキッチン。玄関から直接アクセスできるので便利)


(キッチン横のカウンター。家事台やパソコンスペースなど多用途に使えそう)

一丸となって理想を叶える本当の注文住宅

「『棟梁とも仲良くなってくださいね』と言われて、直接話せたのもすごくよかったですね。」とご主人。度々現場へ足を運び、時にはコツを教えてもらってウッドデッキの板を張るなど自らも造り手となって楽しんだ。現場にお弁当を持参し、スタッフも呼んで皆で広げたことも忘れられない思い出だ。「『注文ばかりしてすいません』と言うと、『いいんですよ、うちは注文住宅ですから』と。最後の最後まで要望に応えてくれました。」とは奥様。

顔を合わせることに心を通わせ、理想の家づくりを叶えた。入居後間もなく見舞われた台風では庭の木が倒れてしまったが、「こちらから連絡しようとしていたら、先に住まいずさんの方から連絡が来て、『大丈夫でしたか?』と。びっくりしましたね。」と、いち早い対応にも感心。何かあればすぐメンテナンスに来くれるアフターフォローの充実ぶりに、家が完成した後もなお、信頼は深まっている。


(建て物の横幅いっぱいに撮ったウッドデッキ。ゆとりの広さにお子さんもよく走りまわっているそう)

その他の写真は、こちらからご覧いただけます。