ページトップへ

住まいずの歩み

表紙

つなぐ思い リレーインタビュー

9代目 有村 吉一

9代目 有村 吉一

 

現社長の有村健弘で11代目を数える株式会社住まいず。
先祖は土佐藩に仕え、関ヶ原の戦いで敗れた豊臣方につき、鹿児島の山間に落ち延びたのがこの地に根を下ろすきっかけでした。

山仕事で生計を立てること約350年、9代目有村吉一の時に山林業の看板を上げ、やがて製材業も開始、そして10代目の有村吉孝が建築の世界へと歩み出しました。
現在は有村健弘と、双子の弟・康弘(常務、11.5代目)の2人の若きリーダーが、個性派ぞろいのスタッフを引っ張ります。

手広く事業をやりたいわけではなく、"本物"を追求していたら自然に今のかたちになったという住まいずの経営理念とはどのようなものなのか、吉孝、桂子(専務、兄弟の母)、康弘、健弘のリレーインタビューでお届けします。

 

10代目 有村 吉孝

10代目 会長 有村 吉孝

 

専務 有村 桂子

専務 有村 桂子

 

11.5代目 常務 有村 康弘

11.5代目 常務 有村 康弘

 

11代目 社長 有村 健弘

11代目 社長 有村 健弘

住まいずの歩み