ページトップへ

丸太の大黒柱を使いたい時は枝を残した方がいい?

丸太の大黒柱を使いたい時は枝を残した方がいい?

住まいずは、ご要望があればこんな感じで枝付きの大黒柱を使うことがあります。



施工事例にも、枝付き丸太を使った写真をアップしているせいかこのようなご質問をよくいただきます。

「枝が出てると邪魔じゃないですか?!」

確かにパッと見、つまづいたり体に当たったりと側に近づきがたいイメージがあります。

それが嫌で最初から切る方も勿論いらっしゃいます。

こちらは、少し残したパターン。

こちらは、逆にほとんど枝を残したパターン。

用途としては、帽子やカバンを掛けれるので便利です。

住まいずとしては、出来れば枝はそのまま残した方がいいと思います。

理由としては、後から枝を生やすことが出来ないから。

当たり前ですが一度切ってしまうと、そこからは何も生えてきません。

邪魔になるかどうかは一旦住んで様子を見てから、切るかどうかを決めるというのがオススメです。

やっぱり住んでみないと分からないですから、その人に合うかどうかはそれから判断していただくのが良いです。

切るか切らないか迷うくらいだったら、枝を残す方をおすすめいたします。

枝付き丸太についてもっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください

画面右下のチャットでのお問い合わせも受け付けております。