ページトップへ

家を建てる際にかかる金額はどれくらい?

どこまでが提示された金額に含まれるのですか?

「その金額には、キッチンとかお風呂も付いているんですか?」

家の金額を提示したときに、このような疑問を持たれる方がたくさんいらっしゃいます。

そもそも、家の金額はすごく分かりにくいのです。

例えば下の写真の家が2,000万円としましょう。

この家は2,000万円です、と営業マンが言ったとして、2,000万円で建つと思いますよね?

ところが、そうはいかないことが多いです。

  • 合併浄化槽は別
  • 水道引き込み費は別
  • 消費税は別
  • 照明・カーテンは別
  • 外構工事は別

などなど。大抵は、このように完全にその通りに建てるためには、+αされることが多いです。

なぜなら、ここには「本体工事」と呼ばれる考え方があるからです。簡単に言うと、家という箱だけを作る工事を「本体工事」と言いますが、これだけだとただの箱です。

水が出ない、照明がない、カーテンがないなどなど。その他にも必要な本体工事以外の工事を、「付帯工事」といいます。(建てる会社によって呼称の違いはあります)

この二つが揃って、初めて家の金額が分かってくるわけですが、ここでまた問題が生じます。

建てる会社によって、この本体工事と付帯工事の分け方が違うのです。

A社は、本体工事にキッチンとお風呂やトイレも入っている。

B社は、全く入っていない。

こういう差があるので、冒頭でもお話したとおり、「キッチンやお風呂は金額に入っているんですか?」と疑問を持たれるのです。

なぜこういうことになるかと言いますと、住宅業界的に金額の表示方法にルールがないからです。

つまり、建てる会社独自のルール次第になるわけです。

家の金額を比べる時はしっかりと何から何まで含まれた金額なのかを把握しなければ、比べる意味がなくなってしまうということなんです。

基準となるルールでもあればいいのですが、住宅会社によって家づくりに対する考え方や、家の作り方自体も違うので、ここを統一するのは難しそうです。

必ず各社で確認しましょう。

もっと詳しく知りたい方、お気軽にお問い合わせください。

家を建てる際にかかる金額はどれくらい?