ページトップへ

双子社長ブログ

木の家の価値を伝えたい11.5代目です。

今朝は地鎮祭からのスタート!
朝が地鎮祭から始まると、何だか清められた気がして気合が入ります。



そんな地鎮祭ですが、今年に入ってからよくいただく質問が

「家を建てる前に、地震祭はしないといけませんか?」という内容。

答えから言うと、絶対しないといけないわけではなく
そこは建築主さんの判断に従うという感じ。

そうなると、そもそも何のために地鎮祭ってするんでしょうか?



大きく分けて3つ。

1.その土地の神様へのご挨拶

2.工事の安全祈願

3.ご近所挨拶的な意味合い

住まいずでも建築主さんの意向で、地鎮祭をしないこともありますが
しない時は2番の安全祈願は自主的にしています。

やっぱり家づくりは縁起物なので、工事関係者は気にするところです。
塩・米・酒をまいてお祓いくらいはする感じ。

そして、地鎮祭をしてもしなくても一番大切だと思っているのは3番。

地鎮祭はしなくてもいいかもですが、ご近所挨拶は必ずされたほうがいいです。
建築前や建築後など色々なタイミングがありますが、そこに新しく住む者として
先に住んでらっしゃる方にご挨拶をするのはと~っても大切。(立地による)

その後のご近所付き合いに大きな影響を及ぼしますからね♪

Nさん、おめでとうございます^^

11.5代目のFACEBOOKページはコチラ

11.5代目のインスタグラムはコチラ